業務の効率化のメリット・デメリット

業務の効率化のメリットは効率を良くすることによって、生産性をアップさせることができるという点にあります。

無駄を省いて業務に注力をすることになるわけですから、無駄がなくなった分業績も伸びることになります。

更に無駄が減るということは余計な管理も減ることになるので、仕事が楽になるという利点もあります。

一方のデメリットとしては効率化の方法自体が間違っていれば、効率が良くなるどころか悪くなってしまう恐れがあるということです。

効率化するということは機械的にやり方を決めるということになりますから、そのやり方が間違っていれば逆に効率は悪くなってしまいます。

次に理屈としては効率が良くなる方法であっても、実際に働くのが人間である以上それが必ずしも効率に繋がるとは限らないということも覚えておかなければなりません。

例えば効率を追求して一分一秒足りとも無駄にせずに、時間いっぱい人を働かせようと思っても人間には集中力の限界というものがありますから、徹底した効率化に人間がついてこられないということがあります。

一見すると無駄に見えるような行為であっても人間が作業する以上は必要なことであるということもありますから、何でもかんでも効率化をすればいいというわけでもないのです。

このように効率を追求する時というのは、長所ばかりに目を向けないで短所もしっかりと理解をして置かなければ悪い部分しか出てこないことになってしまうため、注意が必要です。

Category list