業務の効率化関連ニュース

業務のやり方は時代によって変わってきます。

時代とは、景気がいい時と景気が悪い時では全く作業の質が異なると言うことです。

日本は世界的に見てもめずらしい国で、短期間に戦後の復興、そして好景気と不景気を味わってきます。

それぞれの時代の背景にはそこで働いた人がいますが、時代を超えて同じような考え方で仕事に取り組むと会社自体が倒産の危機に追い込まれることがあります。

特にバブルと言われる好景気からその後の不景気にかけては同一で語ることは出来ません。

バルブの頃のニュースは就職活動であってもほぼ100パーセント入社をすることができたと言うニュースもありましたし、実際に今の派遣社員やパートでやっている仕事も社員がおこなっていたわけで、非常に楽な物でした。

パートや派遣社員のレベルの仕事でありながら、社員という身分が与えられて言えるだけですので、効率化などは大して考える必要もなかったのです。

ですが、バブル崩壊後は流れが変わってきます。

会社は無駄な社員を雇う余裕はなく、とにかく効率化をすすめていかないとどうにもなりませんでした。

そこで、今まで社員がやっていた簡単な仕事を非正規雇用であるパートや派遣社員に任せることにしたのです。

また、ダラダラと仕事をしている社員を一掃して必要のない社員の首を切ることで、無駄をなくしていきました。

さらに、人間を出来るだけ排除して機械化したというニュースも多くなってきています。

Category list