効率の良い業務の在り方

業務の効率化は今やほとんどの企業で叫ばれるようになり、ちょっとした無駄すら許されない状況となっています。

特に工場などではどこに道具があり、どのようなルートをたどれば無駄がないかというラインが引いてあるなど、効率化が徹底されています。

とはいえ、あまりにそれが進むと、作業自体に疲れてしまい、逆に効率化とは反する動きになってしまうこともあります。

そのため、定期的に本当の意味での効率化とはなにか、その在り方を問う必要が出てきます。

業務に無駄がないというのはもちろん必要ですが、それを追求しすぎるのは働く人に大きな負担を強いることになります。

そのため、休憩時間、もしくは休みの日にはその負担を取り除けるような環境作りを会社側はしていく必要があります。

これができないと会社側に不満が募り、品質に大きな影響を与えかねません。

効率を求めても結局は人のケアを十分にしていかないと意味がなく、そこまで考えた制度設計が求められます。

Category list