効率の良い業務の良し悪し

会社にとって業務の効率化を図ることは、とても良いことだと考えられています。

その理由としては、一つの仕事に取られる時間が短縮されます。

時間が短縮されても、仕事の内容が悪くなっているわけではないので、とても良いことと言えます。

あとは、仕事の質を高めることができます。

仕事の質は、ダラダラと仕事をしていたのでは高めることはできません。

ダラダラとやっていると、仕事にかかる時間も増えてしまいますし、成果も上がらないと言った悪循環になってしまうのです。

業務の効率化は、仕事に対するメリハリをつけるために重要なことです。

しかし、業務の効率化が引き起こすデメリットもあるのです。それは、社員同士のコミュニケーションです。

効率良く仕事ができるということは、社員同士が分担しなくてもできてしまうので、必然的にコミュニケーションは減ってしまいます。

人によっては、それが寂しいという人もいます。

こういうこともあるので、業務の効率化は良し悪しがあるということです。

Category list